この記念財団は、かつて外交官として、また常設国際司法裁判所長として、世界平和のために貢献した安達峰一郎の遺業を後世に伝えるとともに、有為の国際的人材を養成することを目的としている。
 安達峰一郎は、1869(明治2)年6月、山形県山辺町に生まれ、1934(昭和9)年12月にオランダ国アムステルダム市において永眠したが、オランダ国家は国葬の礼をもって、世界の良心の府の常設国際司法裁判所は、同所葬をもって、その功績を讃えた。
 この財団は、かね夫人の意図によって、1960(昭和35)年に創立された。山形県の安達の生家も、郷里師弟のため公共施設として寄付された。同所には、安達と学友の元首相、若槻禮次郎の筆になる記念碑が建立されている。安達夫妻の墓は鶴見、總持寺にある。
安達峰一郎記念財団
創立1960年6月
The purposes of this memorial foundation are to hand down to posterity the great works of Dr.Mineichiro Adachi who contributed greatly to world peace as a diplomat and as a chief judge of the Permanent Court of International Justice as well, and to help foster talented people who can work on the international plane. Mineichiro was born in June 1869 at Yamanobe, Yamagata prefecture, and died at Amsterdam, Holland, in December 1934 Holland accorded him a state funeral and the International Jastice Court which is the center of the Conscience of the world praised his dedicated works in its official obsequies. This foundation was started in June 1960 at the idea of Mrs.Adachi. Mineichiro's house in Yamagata is now used as a public facility by young people of his home town and a monument is erected there with an engraved script on it, written by the former prime minister, Reijiro Wakatsuki, who shared his school days with Mineichiro. He and his wife are buried in the precinct of Sojiji temple at Tsurumi.
Adachi Memorial Foundation
Established in July 1960

お知らせ

  • 2017/10/31
    第50回安達峰一郎記念賞贈賞式を開催
        受賞者:中島 啓 氏(国際司法裁判所法務官補)
        受賞研究業績: 「国際裁判の証拠法論」
  • 2016/12/15
    安達峰一郎記念賞贈賞式 (2016/10/31 開催)
    第49回安達峰一郎記念賞は早稲田大学法学学術院教授 萬歳寛之氏
    『国際違法行為責任の研究−国家責任論の基本問題−』に贈られた。 ⇒ 詳細はこちら
  • 2016/07/26
    「動きだす! 絵画」展の開催 当法人所蔵ロダン作品2点展示公開!! ⇒ 詳細はこちら
  • 2016/07/26
    「山形大学安達峰一郎研究プロジェクト」成果報告シンポジウム開催 ⇒ 詳細はこちら
公益財団法人 安達峰一郎記念財団
160-0004 東京都新宿区四谷1-13 オパス・ロイヤル307
TEL:03-3341-5036 FAX:03-3341-5063
Copyright Adachi Memorial Foundation. All Rights Reserved.